Going Digital Awards in Infrastructure

ビデオギャラリー


The 2021 Going Digital Awards in Infrastructureのカテゴリは、設計、建設、運用など、あらゆるタイプのインフラストラクチャプロジェクトやその各段階を対象としています。各カテゴリに応募されたプロジェクトは、各カテゴリに応じた審査基準に照らして第三者審査員団によって審査されます。


11月1日から毎週、2021 Going Digital Awards in Infrastructure ファイナリストのプレゼンテーションをこれらのカテゴリーでご覧いただけます。

モビリティ

11月1日(月)

この業界部門のファイナリストは、5つの賞のカテゴリーにおいて、卓越した技術とデジタルの進歩を示しています。カテゴリーは以下の通りです。橋梁、鉄道・運輸、道路・鉄道のアセットパフォーマンス、道路・高速道路、構造工学。

プレゼンテーションを見る

 


プロジェクトデリバリ

11月8日(月)

この業界部門のファイナリストは、4つの賞のカテゴリーで卓越したデジタルの進歩を示しています。カテゴリーは以下の通りです。デジタルコンストラクション」「Geotechnical Engineering」「Manufacturing」「Project Delivery Information Management」です。

プレゼンテーションを見る

 

都市システム

11月15日(月)

この業界部門のファイナリストは、4つの賞のカテゴリーで卓越したデジタルの進歩を示しています。カテゴリーは以下の通りです。建物とキャンパス」「デジタルシティ」「土地と敷地の開発」「リアリティモデリング」です。

プレゼンテーションを見る

 


エネルギー

11月22日(月)

この業界部門のファイナリストは、4つの賞のカテゴリーで卓越したデジタルの進歩を示しています。カテゴリーは以下の通りです。「鉱業・オフショアエンジニアリング」、「発電」、「公益事業・通信」、「公益事業・産業用資産パフォーマンス」。

プレゼンテーションを見る

 

水道ネットワーク

11月22日(月)

この業界部門のファイナリストは、3つの賞のカテゴリーにおいて、卓越した技術とデジタルの進歩を示しています。そのカテゴリーは以下の通りです。「水・下水処理場」、「水・下水・雨水ネットワーク」。

プレゼンテーションを見る

ベントレーは、世界中の学生を対象に、将来のインフラ産業に向けて考えたこと、アイデア、イノベーションを募集しました。

未来のインフラスターチャレンジ2021